家づくりのポイント

POINT

住宅ローン

資金計画とは?

自分たちが最終的に支払う引渡し金額で話をしているか確かめよう そうしないととんでもない金額に
地震が来ても安心な耐震性。安全に暮らすための防犯対策。ライフスタイルに合った最適な設計など…。
どれも必要なものばかりです。ただ、これらを実現するためにもっと大切なものがあります。
ズバリ、しっかりとした「資金計画」です。
いろいろな問題に頭を悩ます事にならないためにも、坪単価などに惑わされず、全てを含んだ「総額」で判断する事が大切です。
でもどうやったら「家づくりにかかる総額」が分かるの?そこで人生最大の買い物で「絶対失敗したくない!」という方のために登場するのが、収入や生活に見合った予算で家づくりの総額を導き出す資金計画です。
資金計画は、新築時のみならず中古住宅を購入する時、家を買い替える場合など、
住宅を購入する際には必ず必要な重要なポイントになります。 資金計画で総額を知ろう この中にあなたの知らない費用がぎっしり記載されています 家づくりの第一歩は資金計画です
他にもこんな諸経費がかかります
建物諸経費 本体価格に含まれていない場合、屋外給排水工事、照明工事、カーテン工事、浄化槽工事、建物整地工事費、地盤調査費、その他の諸経費
登記・申請関係費 表示登記(建て替えの場合は減失登記も必要)、保存登記、抵当権設定登記、必要に応じて都市計画法や農地法申請など
インフラ整備費 水道本管取出し工事費(水道管が敷地内に無い場合または水道メーターの変更がある場合)、水道加入金(水道メーターが無いか変更がある場合)、都市ガス配管(都市ガス地域)費、道路占用、河川占用など
銀行諸経費 保証料、印紙税、手数料、つなぎ融資利息(必要ない場合もあります)
その他 外構(エクステリア)工事費、空調工事費、地盤改良工事費、火災保険
土地取得費 仲介手数料、所有権移転登記費、印紙税、住所変更登記費
一覧に戻る
賢い住宅ローンの組み方
住宅ローンについて相談する

    お問い合わせ

    お問い合わせしたからといって営業マンが強引な営業をするなど、あなたの迷惑になるような営業活動は一切行っておりません。安心してお問い合わせください。インターネットからの問い合わせは24時間受け付けています。

    来店予約 資料請求 住宅ローン相談

掲載の情報・画像等全てのコンテンツの無断複写・転載を禁じます