家づくりのポイント

POINT

家づくり

広告の金額と契約した金額が違う

チラシには坪25万円って書いてあったのに

土曜日の朝刊、目にとまった住宅チラシを見てよくあるのがこんな皮算用。
「坪単価25万円ってことは…、40坪で1000万円で建てられるのかな!?」
そう思って見積りをとると「最終的には1800万円になります。」との答え。
「チラシに載ってた金額って何だったの?」
と思われたのではないでしょうか?
多くの場合、家が完成すると価格が1.5~2倍に跳ね上がります。
最初は坪25万円だったのが、あれを付けると○○万円アップ、これを変更すると○○万円アップという感じで、家が完成する頃には驚くほど高い金額の家になってしまっているのです。
こうなるのも、住宅の価格表示に決まりがないからです。
各社で自由に表示しています。
坪単価で表示、本体価格で表示と様々です。
また、お客様が支払う最終的な金額である引渡し価格の場合もありますし、「設計してみないと金額は出せません。」という会社まであります。
「坪単価25万円」という広告を信じて喜んで話を聞きに行くと
「60坪以上でなければその単価になりません。」、
「基礎工事が別です。」
などと言われてがっかりすることになります。
さらに「経費がそのほかに10%かかります。」という始末。
これではいったいいくらかかるか検討もつきません。
そうならないためにおさえておいて欲しいポイントは、お客様が支払う最終的な金額「引渡し金額」で話をしている会社かどうかということです。
お客様のことを考えている会社は、契約前に引渡し金額で話をします。
そして、家本体以外にかかる費用も含めて全て手元に残る資料で説明してくれます。
まずは、最終的に支払う引渡し金額を知りましょう。
自分たちが最終的に支払う引渡し金額で話をしているか確かめよう
一覧に戻る
建築中の家が見れない
大切な品質を見る

    お問い合わせ

    お問い合わせしたからといって営業マンが強引な営業をするなど、あなたの迷惑になるような営業活動は一切行っておりません。安心してお問い合わせください。インターネットからの問い合わせは24時間受け付けています。

    イメージふくらむ
    事例集進呈
    来店予約
    資料請求 土地を探す

掲載の情報・画像等全てのコンテンツの無断複写・転載を禁じます