構造

大地震に対応できる制震ダンパーを標準装備しています。

地震調査研究推進本部

巨大地震が今後30年に発生する確率は

70%以上

今後30年以内に首都直下型大地震が発生する可能性は70%と言われており、首都直下型地震が起きた場合、その被害は、東日本大震災を上回ると言われています。
首都圏のマンションの多くは、それを想定して免震構造など地震のことを考えて建てています。
戸建住宅はどうでしょうか?
本当に地震のことを考えた場合、少しでも地震に強く、しかも揺れまで抑えてくれれば安心だと思いませんか?家族を守ってくれると、自信をもって言える家ならば安心だと思いませんか?

大地震対策3つのポイント

    POINT1

    埼玉県で当社だけ全棟標準仕様で制震ダンパーを設置

  • 地震の揺れを徹底的に抑えます
    制震に高い効果のある、TRCダンパー。TRCダンパーは「特殊粘弾性ゴム」をダンパーに入れ伸び縮みさせることで、地震エネルギーを熱エネルギーに変換、吸収します。
    首都直下型地震に備えた家
    今後、30年以内に首都直下型地震が発生する可能性は70%と言われています。東日本大震災の際、特に実感したと思いますが、非常時に住む家に問題がないということは、とても大切なことです。もしそういった事態になっても、地震に対応できるように、埼玉県で唯一、全棟、標準装備で制震ダンパーを設置しています。制震ダンパーを外壁の中に入れることで、地震の揺れを吸収し、建物にかかる負荷を減らしてくれます。いざという時に家族を守れる家であるように、地震には徹底的に対応しています。
    動画でチェック

    揺れが抑えられる仕組み

  • 東日本大震災で効果を発揮した実例
    モルタル外壁・しっくい壁にひび割れなし モルタル外壁・しっくい壁にひび割れなし

    POINT2

    地震に強い建物

  • 地震に強い家のポイント 建物の倒壊は、面(壁)と線(柱)と点(柱と柱の接合部)に、耐えられる以上の力がかかってしまうことによって起こります。
    この3点を特に強化することで、地震に負けない強い家にすることができます。
    サンアイグループの建物は、地震時に肝要な「面」・「線」・「点」を全て強化。地震の力に耐えられるだけでなく、制震ダンパーによって、揺れも抑えられます。
  • これらの地震に強い部材を全棟標準で採用
    ウルトラWストロング構法が全て解決します

    エンジニアリングウッドエンジニアリングウッド無垢材の良質な部分だけを厳選し、積層接着した木材です。寸法が安定するため品質のバラつきが少なく曲げ強度はヒノキの2倍。高い安全性・高品質を実現できます。

    金物接合工法金物接合工法地震の際、?が集中する接合部の強度を高めることが、地震対策には不可欠です。柱と柱など主要な部分の接合に接合?物を採用しています。これにより接合部の強度は、在来?法の1.5倍~3倍まで高まります。

    ベタ基礎ベタ基礎強度と耐久性に優れた鉄筋コンクリート造のベタ基礎を採用。建物全体をしっかりと支えると同時に、地震などで大きな?が加わっても、幅150mmの厚くて強固な基礎全体が?を均等に分散して支えます。

    剛性床剛性床品確法の必要基準値を超える厚さ24 mmの構造用合板は、局部的な重さに対してもたわまない強さと、地震や台風などに対して、壁と?緒に支える剛性を実現しています。

    POINT3

    強い地盤づくり

  • 強い地盤づくり 土地を強くするために、厳格な基準に基づき徹底した地盤調査を行い、状況に応じた地盤改良工事を行って、頑丈で屈強な地盤づくりを行っています。
    これまでに1700棟の実績を持つ私達は、数多くの経験の蓄積により、埼玉・群馬県の地盤に精通しています。